枯尾花かれおばな
◎北千住に今も有る何んとか云う小間物屋の以前の営業は寄席であったが、亭主が或る娼妓に精神をぬかし、子まである本妻を虐待して死に至らしめた、その怨念が残ったのか、それからと云うものはこの家に奇しい事が度々あって驚ろかされた芸人も却々多いとの事 …
作品に特徴的な語句
くっ なぐ よわっ ようや 機会とたん あろ いっ つっ あっ 出会であっ あっ うっ つく いわ あけ 精神うつつ 叫喚きゃっ 当家こなた たのん いぶかし すん てめえ のん たべ ちと 所為わざ たり うっ 斯々これこれ あら 嬰児こども あい いっ やめ いつ いれ 分明わか たっ ばか なお 熟視よくみ やい なか おどろい いわ 転倒ひっくらかえ 仮托かま かい さま つい もたげ 聞済ききず かん それ 同様ひとつ 叫喚あっ なか 横倒よこたわ 水面みなも いっ 上座かみくら とば なく なっ のま なく つい おき 似合にあわ 平常つね もっ かけ おこな 沈着おちつい あかる 寂莫じゃくばく きい 出向でむく ある しれ 如何どう 女房にょうぼ えん あわ ばか ない とっ 当楼このうち うしろ あやし 所為しわざ ぼう あや 楼婢ろうひ あきら