“当家”のいろいろな読み方と例文
旧字:當家
読み方割合
こちら28.0%
ここ16.0%
こゝ16.0%
うち12.0%
とうけ12.0%
たうけ8.0%
こっち4.0%
こなた4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
田鼠化為鶉、親仁、すなわち意気となる。はッはッはッ。いや。当家のお母堂様も御存じじゃった、親仁こういう事が大好きじゃ、一番らせてくれ。
錦染滝白糸:――其一幕―― (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それ位の理由で、(気難かしい当家の大将)が早速頼みを容れて判を押して呉れるかどうか……。
(新字旧仮名) / 金田千鶴(著)
山「いゝえ見ず知らずの者に馳走になるべきものでは有りませんから、お母様と藤の料理代だけは当家へ別に払いをして参ればそれで宜しい」
いや鳶頭大きに御苦労であった、まア此方へ来なさい、何うもお内儀さんの思召を考えて見るとお気の毒で何うもならぬ、ならぬが当家のお嬢
闇夜の梅 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
のようなうすのろを、の用に立てようとしたのが半助の大失策、ご当家の軍勢が裾野陣へくりだすときににあってこそ、鷲もご用に立つとおもって申したのだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
えへゝゝ御冗談ばかり、おからかひは恐入ります、えゝ始めまして……(丁寧辞儀をして)手前当家主人五左衛門つて武骨もので、何卒拝顔たく心得りましたが
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
武「御免小間物屋孫兵衞さんのお当家かえ」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
奈何なる事情訊問しに、昨夜廿一二のこうこう云う当家のお弟子が見えて、翌日仏事があるから十五軒前折詰にして、て来てくれとえられましたと話され、家内中顔を見合せて驚き
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)