“至”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いた59.2%
いたり18.4%
いたっ10.2%
いたる6.1%
いたつ2.7%
より1.4%
いたれ0.7%
いたりに0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその家庭苦痛白状し、にこの主人公殺人罪人なるカ……イ……をひて僑居るに一節めて面白し。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
汽車に乗るんだなと思いながら、いくら金を払うものか、また金を払う必要があるものか、とんと思い至らなかったのはである。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
其不在中は全く独立自営を主とし、官馬を返納して一家計を細く立て、其及ぶ限を取らんと决したるも、ココにては官馬は斃るるも
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
も恋愛は凡ての愛情の初めなり、親子の愛より朋友の愛にまで、そ愛情の名を荷ふべき者にして恋愛の根基より起らざるものはなし
「歌念仏」を読みて (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
人伝てにては何分にも靴を隔ててを掻くのに堪へぬからです、今日ては、て貴嬢の御承諾を得たいと云ふのが私の希望では御座いませぬ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
天主僧ガーピョンの一六八八一六九八年間康煕帝の勅を奉じ西韃靼
我国の雪意暖国しからず。およそ九月のより霜をて寒気次第く、九月の末に殺風侵入冬枯諸木し、天色として日のざる事連日是雪の也。
一寸と文呈上候。秋暑之処御安全慶賀之候。先般は御来車被下御土産に預り候所、足痛にて御目にかゝり不申、失礼致候。其後御書面にも候所、平臥御無音申候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
それが大に一時間乃一時間半、一二度は三時間餘にも及んだことがあるのだが