“天色”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そらいろ33.3%
てんしよく33.3%
そら16.7%
てんしょく16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
町やふ、みるがまに黄ばむ天色
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
帰宅後、大震の再び至らざるべきを説き、家人を皆屋内に眠らしむ。電燈、瓦斯共に用をなさず、時に二階の戸を開けば、天色常に燃ゆるが如くなり。
やがて能生を認めたるにて、天色に一変せり。——だ黒く、沖は真白に。と見る間に血のごとき色はと流れたり。日はまさに入らんとせるなり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
異状の天色はますます不穏を表せり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)