“天気”のいろいろな読み方と例文
旧字:天氣
読み方割合
てんき98.2%
そら0.9%
てーんき0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天気のよくないは、あたりがく、がいっそういようにわれたのです。小鳥がぬれながら、あちらのにとまりました。
おきくと弟 (新字新仮名) / 小川未明(著)
夜の八時ごろ、私はいつものようにお幸のもとに参りますと、この晩はから天気模様が怪しかったのが十時ごろには降りだして参りました。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)