“日本晴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にっぽんばれ50.0%
にほんばれ16.7%
につぽんば16.7%
につぽんばれ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
霜はに伴う。霜の十一月は、日本晴の明るい明るい月である。富士は真白。武蔵野の空は高く、たゝけばカン/\しそうな、碧瑠璃になる。朝日夕日が美しい。月や星がえる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
今や工場煤烟と電車の響とに日本晴の空にもヒョロヒョロの声に、雨あがりのふけた夜に月は出ても蜀魂はもうかなくなった。
へえ誠に有難じます……へえゝうも日本晴れがしたやうだてえのは、旦那さま此事でございませう、本当に有難いことで。近「まア芽出度かつた。梅「旦那々々これはでげす。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「はゝあ、はまた結構なお天氣で、日本晴ふのでござる。」
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)