“結構”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
けつこう57.9%
けっこう30.3%
けつかう5.3%
かゝり1.3%
グロリアス1.3%
ケッコウ1.3%
コンポジション1.3%
トレボン1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も/\若氣思込んだやうな顏色をしてつた。川柳口吟んで、かむりづけを結構部屋がしらの女房しからぬ。
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
『いや今日は、おお今日顔色昨日よりもまたずッといいですよ。まず結構だ。』と、ミハイル、アウエリヤヌイチは挨拶する。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
『それは眞個結構だわ』とちやんは分別ありげにつて、『けど、それなら——それでもおかないかしら』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
落語種子にでもなるであらうとじまして、門内這入つて見ましたが、一汁粉店らしい結構がない、玄関正面には鞘形てありまして、欄間には薙刀
士族の商法 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
その証拠には、雄鶏はときどき間の抜けた様子をして、のどもさけよと叫び立てるのでした、——『結構ドコロジャアリャシナーイ‼』
雄大にして而も破綻を示さない結構と、典雅にして機智に富む文体と相俟つて、殆ど常に統一と調和の美を示しつゝ、華やかに哀れ深き劇的感動を惹き起す。
仏国現代の劇作家 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
「おお、結構!」身ぶるいをした彼女はそういって、そこでいこじになってヴァニラとチョコレートと盛り分けのアイスクリームをえる。巴里人達は窮屈嫌いで屈托嫌いで戸外好きだ。
オペラの辻 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)