“分別”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふんべつ90.8%
ぶんべつ3.9%
たわい1.3%
はからい1.3%
わきまへ1.3%
フンベツ1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ありとあらゆる検察力を発揮しないと、烏啼を引捕えることは出来ない。しかし、一体どこから手をつけていいか、分別がつかない。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
これの件々は逐一うるにあらず。到底上下両等の士族はその等類の内に些少分別ありといえども、動かすべからざるものに非ず。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
こちのさまはな、それは/\しうて……ほんに、ほんに、まだうて、分別もないことをうてゞあった時分は……お、あのな、パリスうて、お立派がな
「人生は円の半径だ」といいますが、人生も社会も「割りきれぬ」ところにかえって妙味があるのかも知れません。割りきれぬものを、割りきったように考えるところに、人間の分別があるのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
は一なれと夏引きの手引きのれぐるしきはなるかや優子元來はじけならず柔和しけれど悧發にて道理あきらかに分別ながららきはれぬにうつ/\として
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
彼サシテ分別モナク、ソレハ箇様ニナスガヨロシクコレハ左様ニルガ然ルベシナド、立チ所ニ答ヘ、我等ガ両三日昼夜カカリテ分別ナリ難キ事モ
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)