般若心経講義はんにゃしんぎょうこうぎ
いったい仏教の根本思想は何であるかということを、最も簡明に説くことは、なかなかむずかしいことではあるが、これを一言にしていえば、「空」の一字に帰するといっていいと思う。だが、その空は、仏教における一種 …
作品に特徴的な語句
無駄むだ 気儘きまま 従容しょうよう 石燈籠いしどうろう 覚悟はら 伊勢いせ 化身けしん 短冊たんざく 衣物きもの 般若はんにゃ 檀家だんか 蜜蜂みつばち 夕靄ゆうもや 整頓せいとん 満腔まんこう 発心ほっしん もみ 根柢こんてい 武蔵野むさしの 陳腐ちんぷ 余裕ゆとり 八百屋やおや 蓮華れんげ 貪欲どんよく 檀那だんな 頑是がんぜ 成仏じょうぶつ 秘訣ひけつ 煩瑣はんさ 関聯かんれん 杜鵑ほととぎす 厭世えんせい 沙門しゃもん 菩薩ひと 入相いりあい 畏怖おそる 見逃みのが 忍辱にんにく 夕日にしび 苦患くげん 坦々たんたん 行脚あんぎゃ ほたる 太閤たいこう 抹香まっこう あまね 涅槃ねはん 野辺のべ 分別はからい 儼然げんぜん 婆羅門ばらもん 意識こころ 文句ことば 武蔵むさし たき 譬喩たとえ 貪慾どんよく 輪廻りんね 捕虜とりこ 殊勝しゅしょう 駄々だだ 南無なむ 海女あま 馬鹿気ナンセンス 播州ばんしゅう 桶屋おけや 蘚苔こけ 法華経ほけきょう 鞏固きょうこ つちか 藤蔓ふじづる 諸々もろもろ 牢獄ろうごく 瞋恚しんに 凡夫ぼんぷ 塵芥ちりあくた 足利尊氏あしかがたかうじ 名聞みょうもん 初鰹はつがつお 真言ことば 雲水うんすい 神戸かんべ 思惟しい 往生おうじょう 御嶽おんたけ 直截ちょくせつ 泡沫うたかた 諷刺ふうし 抛棄ほうき 遺物かたみ 般若湯はんにゃとう 無益むやく 収入みいり せま 五月さつき 茅屋あばらや 黒白こくびゃく 深淵しんえん 信心しんじん