“習慣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ならわし20.3%
ならはし17.1%
しゅうかん14.6%
しふくわん11.4%
しきたり10.6%
ならい5.7%
くせ4.9%
しゆうかん4.1%
ならひ4.1%
しうくわん1.6%
カストム0.8%
しぐせ0.8%
しふかん0.8%
つね0.8%
ならわ0.8%
コンベンション0.8%
コンベンシヨン0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けれども、不思議な事には決して人にはらぬもので、人もなく物も無く、ツマリ当り障りのない場所を択んで落ちるのが習慣だという。
池袋の怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その後ELと呼ばれにき、是亦なり、そは人の習慣は、さながら枝の上なる葉の、彼散りて此生ずるに似たればなり 一三六—一三八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ふるくからの習慣をまもって、平和にらしている村の人たちは、この男のやることが気まぐれで、ひどく変わっているように思えた。
さうして東隣からりてが五六かれた。それから土地習慣勘次めてやつたお死體は一近所せた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
明治八年は私が二十三で年季が明けて、その明年私の二十四の時、その頃神仏混淆であった従来からの習慣が区別されることになった。
「チェ、残念!」と人影は、舌打つ音を響かせたが、「吾を盗人と云わば云え! 切取り強盗は戦国の習慣! われに恥ずるところ少しもなし!」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
主家の時間だからと思わずに、若い時にせっせと働く習慣をつけなければ、一生まめに身体を動かすことのできない人になります。
女中訓 (新字新仮名) / 羽仁もと子(著)
ちょっとたゞけでは、わかつたようでわからぬです。じようななつてゐると、自然片一方は、一部分する習慣があります。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
また汝のために憂へず、されど告げよ、汝何ぞこゝに坐するや、導者を待つか、はたたゞ汝のりし習慣に歸れるか。 —一二六
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
習慣ともないやうになつてう』とつて芋蟲は、煙管へてめました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
即ち僕の願はどうにかしてこの霜をき落さんことであります。どうにかしてこの古び果てた習慣の圧力からがれて、驚異の念を以てこの宇宙に俯仰介立したいのです。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
斯う姓名を明かさんければならん、己の名前は兎も角も御主人の名をす事になっちゃア誠に済まん訳じゃアないか、手前は長く奉公しても山出しの習慣けん男だ、誠に困ったもんだの
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
大食の習慣今日にりても未だ全くせざるなり、食事ればにより鹽原巡査の落語あり、衆拍手して之をく、為めにめて横臥すれば一天の如く、雨滴点々木葉を乱打し来る
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
嫉妬深い獣の習慣として私と戯れている小猿達を見ると、彼は猛烈に岡焼きして気味の悪い声で吠え立てて威嚇そうとするのであった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
蒲団も何もない、赤い半切れの毛布を持っていて、それを頭にすっぽり乗っけると、「八」をいて寝るのが習慣しであった。
戦争雑記 (新字新仮名) / 徳永直(著)
だが奴が級友の間でも色彩の使ひ方が上手でね、活きた色彩を出すんだ。何色彩を使つても習慣を破つてるから新しいんだよ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
だが奴が級友の間でも色彩の使ひ方が上手でね、活きた色彩を出すんだ。何色彩を使つても習慣を破つてるから新しいんだよ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)