“勘次”の読み方と例文
読み方割合
かんじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勘次利根川開鑿工事つてた。から土方勸誘大分をされたので近村からも五六募集じた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「解りましたよ、親分、——浪人は井崎八郎北国者で剣術も学問も大なまくらだが、押借の名人、遊び人の方は白狗勘次という小博奕打、これも筋のよくねえ人間だ」
勘次や、お前あの奥のお筆さんの処へに水を汲んでやんなよ、病人があるから定めし不自由だろう、何かおえてやろうと思うが、手一つで親の看病をしながら内職をして居るので
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)