政談月の鏡せいだんつきのかがみ
政談月の鏡と申す外題を置きまして申し上るお話は、宝暦年間の町奉行で依田豐前守様の御勤役中に長く掛りました裁判でありますが、其の頃は町人と武家と公事に成りますと町奉行は余程六ヶしい事で有りましたが、只今と違いまして旗下は八万騎、二百六十有余頭 …
作品に特徴的な語句
ゆっ 可愛かわゆく わし 祖父じゞ 悉皆そっく さわ たっ すか たわけ あぐ 扮装こしら てまえ くれ 確乎ちゃん ばな 容姿みめ 女房かゝあ 家内これ なお たべ いき もの たき 何処どれ ばゞア づか ふけ 祖母ばゞ 理由いりわけ もっ 看護もり おり こわ いら あが てめえ やかま あぐ はっ しい 良人ひと おこ わっち じき なくな かたじけ 娘子むすめこ 穿ほじ おろ 親父おとっ あったか 見当あて 化粧しまい いら こた 扮装こしらえ 当家こっち 肥満ふとり おこたり たくみ どう 悪漢わるいやつ たっ いで すき 死去みまかり しょう かたじけな これ たった ばゞあ そゝ 通路とおりみち ばか おそく 其方そちら ざめ わき 何様いかよう 何方いずかた ぎり 何処どっ のま つが かた 仮令よし 散乱ちらばっ しゅう おけ さが はた 三日さんにち とめ