“見当”のいろいろな読み方と例文
旧字:見當
読み方割合
けんとう64.2%
みあた11.3%
けんたう8.5%
みあ5.7%
みあて4.7%
あたり2.8%
あて0.9%
みあたり0.9%
みこ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
約六十キログラムぐらいの重量をのせてとべるほどの大きなものと見当をつけた、この重量は、連盟員中の最重量者の目方である。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
かの写生文を標榜する人々といえども単にわが特色を冥々裡に識別すると云うまでで、明かに指摘したものは今日に至るまで見当らぬようである。
写生文 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大使館所在を、明白にはらなかつた。勿論招待意味についても、明確なことはわからなかつた。しかし大凡その見当はわかつてゐた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
「まあ、途中で、この子供がお人形さんをとしたのですよ。いくらしても見当たらないので、ここまでもどってきました。」
気まぐれの人形師 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こんもりとした森があるから、森を見当に彼是れ二十町りもき、又斜崖ると、森の林の内にちら/\灯火が見える。
停車場側に立つて車を待つ間、夫人はお鶴の前に近く居ながら、病院のあるといふ場処を大凡の想像で見当を附けて見た。二筋の細い道が左右にあつた。
灯火 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
就きまして貴方に折入っておがございますが、此のお筆さんは今は親の無い身の上で何処へ参ると云う見当もない事で、親御の御得心の無い者を私の娘に貰いいとも申されませんが
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そをいかにというに他の人は言うまでもなく真淵の歌にも生が好むところの万葉調というものは一向に見当不申候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
本庁では琉球か朝鮮の人間の犯行だと見当んでいるし、洲崎署では区内の前科者の仕業だとにらんでいる。
金狼 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)