“あたり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アタリ
語句割合
四辺37.1%
四方19.4%
18.1%
四邊5.1%
周囲3.5%
四隣2.7%
四囲2.6%
2.1%
附近1.3%
四周1.0%
四下0.8%
0.6%
周匝0.5%
周圍0.5%
0.3%
四圍0.3%
周辺0.3%
四境0.3%
周邊0.2%
四壁0.2%
四面0.2%
0.2%
見当0.2%
身辺0.2%
近傍0.2%
近辺0.2%
身邊0.1%
0.1%
視界0.1%
中毒0.1%
八方0.1%
其辺0.1%
0.1%
収入0.1%
四匝0.1%
四廻0.1%
四端0.1%
四顧0.1%
想像0.1%
0.1%
界隈0.1%
見當0.1%
辺町0.1%
辺際0.1%
近処0.1%
近所0.1%
0.1%
魚信0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、だれかていぬかと四辺まわしますと、勝手もとのところで、まだが、ぬぐいをかぶっていていました。
子供の時分の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そのうえいることはあるまいと思っていると、そのけったいな男が、突然きょろきょろと四方を見廻して、落着かないことしい。
大菩薩峠:41 椰子林の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
そのを打見ますと、樵夫の小屋か但しは僧侶が坐禅でもいたしたのか、家の形をなして、雨露ぐぐらいの小屋があります。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
するとある日、藏座敷で私が何かしてゐるとき、お糸さんが、妙に言出しにくさうにして、四邊をはばかりながら傍に寄つて來た。
日本橋あたり (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
と夫人は、の海岸に着いたことを子供に知らせるやうに、独り口の中で言つて見た。そして周囲を見廻して寂しさうに微笑んだ。
灯火 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
とたんに御本丸から吹きおろす大体に、返咲きの桜が真白く、お庭一面に散乱した。言い知れぬ殺気が四隣に満ち満ちた。
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と黒鳥の歌が松の木の間で聞こえるとともに馬どもはてんでんばらばらにどこかに行ってしまって、四囲は元の静けさにかえりました。
さてこのは夜たりがたく晝たりがたき處なれば、我は遠く望み見るをえざりしかど、はげしきをもならしむるばかりに 一〇—
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
附近で虫が鳴いている。パチパチパチパチパチパチと、岩燕が群をなしてと頭上を翔け過ぎた。それさえ所がら物寂しい。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼は眼を見開くと無感動な顔付でしきりと四周を見廻した。道はわずか跡を示しながら密林の果てに消えている。
日の果て (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
汽車に残つてゐるのは工事担当の技師ばかりだ。技師は物思はし四下を眺めて汽罐の蒸気の音に耳を傾けてゐる。
椋のミハイロ (新字旧仮名) / ボレスワフ・プルス(著)
たしかに江戸の水を使っているとの目安以外、富五郎の所在はそれこそ天狗の巣のように皆目が立たなかった。
男も女もしめやかな戀を抱いて歩いてる樣に見える、蛇目の傘をさした若い女の紫の袴が、その周匝の風物としつくり調和してゐた。傘をさす程の雨でもなかつた。
札幌 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
卯平清潔好なのでむつゝりとしながらには草箒土間いてはした庭葢周圍をもきつけていた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
拾ひ取眞向より唐竹割切下たれば何かは以てるべき宅兵衞は聲をも立ず死したりけり吾助は一を見廻し宅兵衞が懷中掻探持合せたる金子五兩二分を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
馬のの音がまた土手道に響くやうな、そして Gytrash のやうなニウファウンドランドの犬と外套を着た乘手がまた現はれて來るやうな氣がして、四圍を見𢌞はし耳を澄ました。
重い柄杓に水を溢れさせて、口移しに飲まうとすると、サラリと髪が落つる。髪をいた顔が水に映つた。先刻から断間なしにつてるのに、周辺の青葉の故か、顔がよりも青く見える。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
外の雪は止んだと見えて、四境が静かであった——炬燵に当っていて、母からいろんな怖しい話を聞いた。その中にはこんな話もあったのである。
北の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ト、八戸君も小松君も、卓子から離れて各々自分の椅子を引ずつて煖爐周邊に集る。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
卓の賑わう間を、お互いに頬杖などして、四壁を見ると、金箔板(柱懸け)にを沈めた文字で
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四面は只もう真青の葦だ、葦だ、葦だ。世間の風と云う風は一つになって此処に吹くと云う位。それ夕立だ。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
君上親から萬機にて直に民の形體に接するものなりと雖ども、立憲國會の政府に於ては、其政府なる者は、唯全國形體の秩序を維持するのみにして、精神の集點を缺くが故に
帝室論 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
家を護る土公神はというと、春は竈、夏は門、秋は、冬は庭にありというから、夏から秋口へ向うこのごろのこと、まず門と井戸とに見当をつけておきたい。
『よく君は引越して歩く人さ。』と銀之助は身辺を眺め廻し乍ら言つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
なしてほれ共如何とも詮方なければて懷中を改めに是は如何に五百兩のは無く盜賊所業ならんと近傍
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
近辺かまわず板戸を揺すぶったのがこの時初めてきいたとみえて
て、數時間たりし身邊人聲がしきに、旅僧られて、ればの、何時しか一面掻曇りて、暗澹たるの、じき飛天夜叉きが縱横無盡𢌞るは
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
異邦人に由て異邦人のために著わされし路加伝も亦イエスの言行を伝うるにて来世を背景として述ぶるに於て少しも馬太伝に譲らないのである
基督教会が其伝道に由て「諸の人」に神の救を示すべしとは望んで益なき事である、而かも神は福音を以て人をき給うにて、一度はの福音を之に示さずしては之を鞫き給わないのである
小式部さんが逆か吊りになると、視界が朦朧として来て、下の硝子板に映っているお祖母様の紅頭と白鼈甲の笄が、黒と本鼈甲の自分のもののように見えてしまうのです。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
その時は、原因が周囲にあったのではなく、今度は小式部の眼の中にあったのです。と申しますのは、何度も逆かさ吊りになると、視軸が混乱して、視界が薄暗くなって来るのです。
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
冬枯れの寒さ中毒で、茶釜の下に島の朝煙の立たない時があっても、まるで寄ッつかず、不幸な奴ッちゃねえけれど、それでも
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
井崎八郎の声は八方構わず響き渡ります。
新聞売子はをあけて、勢よく診察室に入つて来た。そして毎日の事なので、其辺に気もけないで、ずつと卓子の前までやつて来た。
袖には、膝には蜥蜴見る地獄のに、五体はたちまち氷となって、慄然として身を退きましょう。が、もうその時は婦人の一念、大鉄槌で砕かれても、引寄せた手を離しましょうか。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
収入の勘定だろうね、まア繁昌で結構だ」
眞上の空をざいて、落ちて四匝の山を動かし、反つて數知れぬ人の頭を低れさせて、響の濤の澎湃と、東に溢れ西に漲り、甍を壓し、樹々を震わせ…………………………弱り弱つた名殘の音が
漂泊 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「ありゃ何だ。やっぱり人間が住んでたのか。ヘンよしてもくりゃ、りながら、犬の小屋としか思われねえ。さてまた意地悪く一軒も燈明けぬぞ、夜だか昼だか一向無茶だ。」と四廻
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
よく見る勇気もなかったが起伏蜿蜓突兀として四端に聳えて居る群雪峰は互いに相映じて宇宙の真美を現わし
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
げた抜刀もそのままに、時に徳川万太郎は、あとに残って再び四顧を見渡しますと、雲霧の仁三、四ッ目屋の新助、いずれも素早い上に腕達者な曲者、遂に、一方を破って逃げたものでしょうか。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この人とてもまともの渡世でないことはさっきの騒ぎでもおよその想像はつこうというもの。今来た男からでもとったのだろうか。
つづれ烏羽玉 (新字新仮名) / 林不忘(著)
一人を殺す者は一死その命にて足るべけれども、万人を殺す者は何の刑をもって万人の命にすべきや。たとい、これを殺すもただ一死に過ぎざるのみ。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
そんな器用な娘があの界隈に居そうもねえから不思議だ。
喜介 先月の晦日にかけ出したぎりで音沙汰なし、相手は大抵見當が付いてゐるものゝ、表沙汰にしたら又迷惑する人もあらう。
箕輪の心中 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
現在の三崎町…あの辺町の様子を、まるで忘れていたのでは、相済むまい。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
非常な刺戟に打たれつつ出てりましたが、不思議にもその法林道場の辺際より、ギョクポ・ペブという奇態な大声が聞えました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
唸声顕然と近くにするが近処に人が居そうにもない。はッ、これはしたり、何のた、おれおれ、この俺がるのだ。微かな情ない声が出おるわい。そんなに痛いのかしら。
主人らしき人の車その門にりしを見たる人まれなり、売り物なるべしとのうわさ一時は近所の人の間に高かりしもいつかこのうわさも消えてなく
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
実はは三年跡粥河圖書方へ余儀ない縁合嫁付きまして何不足ない身の上で、昨年九月から、夫は鎌倉道の竹ヶ崎の南山と申す所へ田地と山を買い
しかも水天一髪の間に泛んで、澄明清気を通してやつてくる魚信——魚の引く力といふものは、水をり骨を浸透してシン身に応える。くくとして、ぐつとして。
魚美人 (新字旧仮名) / 佐藤惣之助(著)