椋のミハイロむくのミハイロ
鉄道工事も既う竣つた。 請負人は払ふべき手間を払ひ、胡魔化される丈け胡魔化してカスリを取り、労働者は皆一度に己が村々へ帰ることになつた。 路端の飯屋は昼前の大繁昌で、ビスケットを袋に詰める者もあれば、土産にウォットカを買ふ者もあり、又は其場 …
作品に特徴的な語句
もつ おつ にし めへ 最後はて ふと あん うら あつた 可恐おつかね 囲繞たか かほ ちつ 何故なんで ぺい 如何どん 上面うはつら 地方ところ 彼様あんねえ 恍然ぼつ 矢張やつぱり 何処いづく 食物くひもの うめ 余程えつと 消魂けたゝ さう 時間じぶん 見上みや 愚鈍おかつたる だま かつ 生別わかれ やゝ 此方こつち つひ 如何どう なぶ あれ びつく こせ あが 不好いけな 不覚つい しば 高笑たかわらひ ぢろり ちつ 余程よつぽど やが もん めん 全然すつかり それ わし しき いたは 酒瓶さかびん 欠乏たりな おぶ 寝泊ねどま 暇乞いとまごひ さは 彷徨うろつ 一曲ひとまが 襯衣しやつ なさ 若衆わかいしゆ つゝし 憶出おもひだ 手込てご 眼色めつき 石灰いしばひ はしや 燈火あかり 烟突けむだし 此娘このこ をは 翌日あくるひ 木隠こがく もん 昨日きのふ 新参しんまい 臥反ねがへ もん 若干なにがし あら 振舞ふるま 指図さしづ うた やか