“若衆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わかいしゅ45.1%
わかしゅ13.4%
わかいしゆ12.2%
わかしゅう4.9%
わかいし4.9%
わかいしゅう4.9%
わけえしゅ2.4%
わかしゆ2.4%
ニセ2.4%
わけいし1.2%
わかいしう1.2%
わかしう1.2%
わかもの1.2%
わけいしゅ1.2%
わけえしゆ1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お代り、お代り、あちらの方でもお代りとおっしゃる、こちらの方でも……おいきた、若衆、こっちへ出しな。さあ、お待遠さま——
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
『人の若衆を盗むよりしては首を取らりょと覚悟した』と、大声に歌をうたいながら、織田殿の身内にと聞えた柴田の軍勢をけました。
おしの (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
さんとふのは地方町の小学校時代の友達で、理髪師をしてゐる山谷通りの親爺の店で、れまで長吉の髪をかつてくれた若衆である。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ところが花前評判は、若衆のほうからも台所のほうからもさかんにおこった。花前は、いままでに一もふたりの朋輩と口をきかない。
(新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
町幅が狭いんですから、すれ違って前へ駆け抜けたと思うと、振返った若衆と一所に、腕車の上から見なすったのは先刻のお嬢様、ええ、お夏さん。
三枚続 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
坂東美津江や常磐津金蔵を崇拝した当時の若衆の溢れる熱情の感化に外ならない。
伝通院 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
さん、そうするとね、其処へ一本差した海鼠襟の合羽を着た侍が這入って来てね鰻を食いながらコソ/\話をして、その侍が先へっちまってから飯を食ってサ、若衆
菱川の浮世絵に髣髴たる女や若衆の美しさにも鋭い感受性を震はせてゐた、多情なる元禄びとの作品である。「元禄びとの」、——僕は敢て「元禄びとの」と言つた。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
沖縄では、日本の若衆歌舞妓をまねたものを、若衆(似せともとれる)念仏と言うた時代もあつた(伊波普猷氏の話)。あの島へは、念仏聖が早くから渡つてゐる。
庄「いよ、違っても違わんでもの時に挽いた若衆と云やア何にも云わず五十円で買おうが、決して他言をしてくんなさんな」
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
へえ頂戴を……うも流石御商売柄だけあつて御主人愛嬌があつてにこやかなお容貌番頭さんから若衆小僧さんまで子柄いなモシ、しいやうですな
世辞屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
渡世すなり何ぞ御用ならば上り給へと申をひに草鞋るに未だて居たる權三をし右の事をせば早速起出ひ見るに十四五の若衆旅裝束なれば駕籠相談と心得て挨拶
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
は、左右植木屋屋外足場け、半纏着若衆蛛手んで、造菊支度最中なりけり。く/\フと古道具屋つ。彌次く、茶棚はあんなのがいな。
弥次行 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
國「そりゃア存じて居ります、おい若衆さんえってもいゝよ」
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そこらの尼つ子がふりけえつてみるほどいい若衆になつた