“舁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かつ46.6%
44.2%
かき4.4%
かか1.0%
1.0%
かた0.5%
かつい0.5%
かゝ0.5%
がき0.5%
にの0.5%
カツ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も一人は、いだ。そして、大熊を刺し撲殺して麓の村のわが家へ持ち込んだのだ。なんと勇ましく、命がけのことではないか。
香熊 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
その駕籠を護っているものといえば、被衣をかぶった四人の老女と、覆面姿の四人の若武士と、を出した二人の駕籠きとである。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「朝鮮国より、玉六十八枚、金銀装横刀一、鏡一面、倭文二端、白眼鴾毛馬一匹、白鵠二翼、造顔師一人、御贄五十、を献ず」
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
彼は始終昼ながら夢みつつ、今にも貴き人又は富める人又は名ある人の見出して、玉の輿せて迎にるべき天縁の、必ず廻到らんことを信じて疑はざりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此は、だいがくのき棒を其家の戸なり壁なりに撞き当てる方法で、何しろ恐しい重量を棒鼻に集中して打ち当てるのだから、つたものではなかつたさうである。
三郷巷談 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
げて出行たりは徳右衞門をめ家内の者もホツト溜息吐計なりて善六は神奈川へ行て駕籠
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見ても海軍原で殺して築地三丁目の河岸へ捨るに一町もで行く筈も(大)夫では家の内で殺したのか(谷)聞たまえと云うのに
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
につゝみ女中一人の女中三人捨子とし給ふ加納將監は乘物せ行き直樣ひ上乘物にて我家へ歸り女房にしてひ奉つりぬ加納將監は本高六百石なるが此度二百五十石を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
四日目に少しよくなったので、四人の椅子にのって山を下り一路ケンブリッジに帰った。それで次のクリスマスの休暇にはバス(Bath)に行って温泉療養をすることになった。
レーリー卿(Lord Rayleigh) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
東京などで祭礼の日にぎ出す万燈の中には、簡単な御幣を竿頭に附けたものもあるが、是亦所謂御祖師花の類を繖状に放射させたのが正しい元の形式であつたらう。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)