無惨むざん
無惨序 日本探偵小説の嚆矢とは此無惨を云うなり無惨とは面白し如何なること柄を書しものを無惨と云うか是れは此れ当時都新聞の主筆者涙香小史君が得意の怪筆を染め去年築地河岸海軍原に於て人殺のありしことを作り設け之れに探偵の事項を附会して著作せし小 …
作品に特徴的な語句
めや こき なろ あけ いる ゆっ そん いッ いっ いう とい たか なっ はえ いっ しの たと やろ あす 端折はしょっ はなし きら よい さめ まあ とろ そり あろ やっ まぐ さむか いっ どん やむ いけ かく くせ むい やめ いっ ぐるい なし しめ 腹立はらたっ 一寸ちょい たゝ やら あっ しぬ わた えら すっ きっ たい つけ つい いわ つかん きく いい から 突込つきこも よし こう あげ おそろし もっ はっ むかっ ひか 這入はいら 悉皆すっか かつい 一寸ちょっ かっ おり 間違まちがっ じき うらま あわた やっ 吝嗇しわんぼう つまん すえ とけ きく よう どう 奪取うばいとら もう ずき かえり おり 外面うわべ