“剛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こわ34.0%
つよ16.5%
かた12.6%
ごう7.8%
こは7.8%
きつ4.9%
がう3.9%
3.9%
えら1.9%
こはば1.9%
かう1.0%
こわば1.0%
ごわ1.0%
つえ1.0%
ひど1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くして言い切れば、勝太郎さすがは武士の子、あ、と答えて少しもためらうところなく、立つ川浪に身を躍らせて相果てた。
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
そしてこの二つの芝草のさを仔細に調べてみたのだった。僕はそれを幾度も続けていった。その結果、遂に一つの結論に達した。
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
今後の男伊達は決して威張り一方では用をなさぬ。内心くして外部にらかくなくてはならぬ。むかしの賢者も教えて
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
あの小城の一つ一つを、踏みしているのは厄介ですが、神吉城の神吉長則、高砂城の梶原景行など、なかなかの者です。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さやうでございますよ、年紀四十ばかりの蒙茸髭髯えた、身材の高い、い顔の、で壮士みたやうな風体をしておでした」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
○「小声でやってくだせえ、っぺえで面白くねえ、旦那が武者修行をした時の、蟒蛇退治たとか何とかいういのを聞きたいね」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
迷の羈絆目に見えねば、勇士の刃も切らんになく、あはれや、鬼もがんず六波羅一の何時にか戀のとなりすましぬ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
と一等運転手がヨロケながら独言のように云った。蒼白い、わばった顔をして……俺は強く咳払いをした。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
女の事だから連て来て少しし附ればベラベラと皆白状する、うだい者だろう(大)実に恐入ったナア、けどが其宿は何所に在るのだ築地の何所いらに
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
『アハハハ。ぢや此次にしませう、此次に。此次には屹度ですよ、屹度かけまよ。』と変につた声で云つて、物凄く「アツハハ。」と笑つたが
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
十二年には八男が生れた。家譜に「文政己丑十一月七日生、幼名浅岡益寿贈ところ」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
咽喉から手が出る程欲しい金を——断らなくてはならなかった、彼等は頬を不自然にらせ、お金からそっと目を外らせた。
鋳物工場 (新字新仮名) / 戸田豊子(著)
「ちと今夜ののは手いと見える」肘枕をしている武士なのであったが、こういうと荒淫の女の唇を、連想させるに足るような赤い薄手の受け口めいた唇を、いよいよ上へそらすようにした。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
灰が眼に這入って、是アおいないと騒ぐ所へ按摩取が一人で二人の泥坊を押えて、到頭町の奉行所へ突出したと云うのだが、何とい按摩取じゃアないか、是でお旦那も助かり、忰も助かったゞ
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と受けましたがい奴で、中指と無名指の間をすっと貫かれたが、其の掌で槍の柄を捕まえて、ぐッと全身の力で引きました。前次公はめいて前へ膝を突く処を、權六が血だらけの手でえ付け
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)