“きつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
35.2%
22.9%
7.1%
3.8%
3.8%
3.8%
3.3%
2.9%
2.4%
2.4%
1.9%
1.4%
1.0%
着附1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
斷然0.5%
気付0.5%
気強0.5%
着付0.5%
0.5%
辛労0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、をさました劍士のやうに、ちついてきすまして、「大丈夫だ。ければ、あのとみだれる。」
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
く云う、お蔦の声がとしたので、きょとんとして立つ処を、横合からお源の手が、ちょろりとその執心の茶碗を掻攫って
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
なおこの番頭を相手にして話をしていたらりもあるまい。折角なので、茶を一するとすぐ武蔵はそこを出て、先へと急いだ。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
純粋外国だつてと俺達より勝れてるわけでは無い。「テリヤー」や「ターンスピツト」や「プードル」のやうな奴は何所が好いんだか俺達には解らぬ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
如此き事をみし事なし、みて馬鹿気たる事をめたれば全然之を放棄せり、く事なり
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
この頃になってようやく叔孫にも、この近臣に対する疑いがいて来た。の言葉は真実か? ととして聞き返したのはそのためである。
牛人 (新字新仮名) / 中島敦(著)
平民殿様はすっかり下々のことを呑込んでおります。「不義は御家の法度」などは、この御殿では通用しません。
それからその巻きようがくなったり、くなったりした。兄の顔色は青大将の熱度の変ずるたびに、それからその絡みつく強さの変ずるたびに、変った。
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ヂュリ れてはれぬとやるなら、れてゐぬぢゃ。のかのと言譯してゐやるのが肝腎一言よりいわいの。これ、か、か? や。
勝次郎は、中肉、寧ろノッポの方で、眼付きはいが、鼻の高い、浅黒いの、女好きのする顔だった。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
さしなべに湯沸かせ子ども櫟津檜橋より來むむさむ
春宵戯語 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
以前、仲之町声妓で、お若と云ったかしい中年増が、新川の酒問屋に旦那が出来たため色を売るのはい法度の、その頃のには居られない義理になって場所を替えた檜物町
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『小川!』と、女はと顔をあげた。其顔は眉毛一本動かなかつた。『私の様なもののことを然う言つて下さるのはそれや有難う御座いますけれど。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あの青いカササギみたいな着附けを氣どるだらう。
(旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
カピ妻 さいの、其時分には鼠捕りであったさうな。したが、わたしが不寢をするゆゑ、其樣をばらすことぢゃない。
でもな、眞實小額雛鷄のお睾丸程きな腫瘤出來ましたぞや、いことよの、それで啼入らッしゃった。
乳母 はれま、結構なお教訓ぢゃ、すがら此處居殘っても、聽聞がしたいわいの。てもま、學問いものぢゃな! 殿さん、貴方さしますことをさまにしましょ。
ロミオ ても射手ぢゃの! そしてれがにも美人
暫しは恍然として氣を失へる如く、いづこともなく凝視め居しが、星の如き眼のにはるゝばかりの涙をへ、珠の如き頬にはら/\と振りかゝるをば拭はんともせず
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
と御顏を見上げ居たりしが、『久しく御前にりたれば、餘りの御懷しさに病餘の身をも顧みず、先刻遠侍に伺候致せしが、幸にして御拜顏の折を得て、時頼身にとりて恐悦の至りに候』
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
蒲田はめて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
級長は卓子の前に進んだ。校長も、文平も、と鋭い眸をこの生徒の顔面に注いだ。省吾なぞから見ると、ずつと夙慧た少年で、言ふことは了然好く解る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「おや、それは、おいことはおなさらないのでございますか」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
平次、御奉行朝倉石見守樣からい御達しだ、——近頃府内を騷がす盜賊、盜んだ品を返せば罪はないやうなものではあるが、あまりと言へばお上の御威光をしろにする仕打だ。
利刃一閃浮世をて真ッ二ツ
凡神的唯心的傾向に就て (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
さめ而して後に前段の落着の場を見たまはゞ宛然越前守を目前にみるが如きの思ひある可し然れども編者がき上緒數毎回りあれば其情充分す事し恐らくはて牛を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いづれにせよ胸のうちには斷然とせし决定もなく、何が何やら五里の霧中にさまよふやうにて、月も花もはるかの彼方におぼめきながら、ならべ得がたき處に悶はおこりて人しれぬ苦勞この間にあり
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「さあ、そでば、気付けないがた。」
鹿踊りのはじまり (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
番士達も源助町も、こういうからくりはすこしも知らないのだし、それに、顔形は勿論、表情から着付けから、刀まで同じなのだから、とっさに喬之助が、身をひる返して
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「武男さん、わたしもかった!」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
あの声は今日まで自分臓腑の腐り止めになっている。貧乏というものは辛労いもので、妻子が飢え死によるのを見ると気に入らん奴の世話にでもなりとうなるものじゃ。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)