越後獅子えちごじし
春も三月と言えば、些しは、ポカついて来ても好いのに、此二三日の寒気は如何だ。今日も、午後の薄陽の射してる内から、西北の空ッ風が、砂ッ埃を捲いて来ては、人の袖口や襟首から、会釈も無く潜り込む。夕方からは、一層冷えて来て、人通りも、恐しく少い。 …
作品に特徴的な語句
また 沢山ザラ とく くど まえ 細君かみさん 仮令よしや 外貌ようす 細君おとき あら きつ 真情じつ いず うな よう 広袤ひろさ 斯様こう 有様ようす 蒼白あおざ 鼠色ねず すこ 何様どう 巨細よく ゆるみ こた かた おお 俯向うつむけ 俺等おら 利益ため 割烹りょうりや 可笑おかし 命中こた のど はず 好個いい 嬰児あかんぼ 寒気さむさ 小生わたし いつ 従順おとな 換言はやくい 支出めり 殊更とりわけ 漁色のたく 灰燼はい 閉口あやま 下方した 亀手かじか 使用つか 元来もともと 午後ひるすぎ 同棲いっしょ うな 大事おおごと ひと 娯楽たのしみ 嫉妬やきもち 左様そう すで きれ 延津のぶつ また とこ 払拭はら 技倆うで 推定かんがえ 斯様こん あが ひず ほと 流行はやり けむ 痙攣ひきつ たま 穏当おだやか ふる 血液 要之つまり なまり ばか 間断ひっきり 陳述もうしたて 一寸ちょっと 七六しちむ 主人あるじ しま 争論いさかい 井澤いざわ また 他家よそ 以前もと 会釈えしゃく 佃煮つくだに