“有様”のいろいろな読み方と例文
旧字:有樣
読み方割合
ありさま85.4%
ありよう11.0%
ありやう1.2%
さま1.2%
ようす1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊に歳暮の夜景の如き橋上を往来する車のは沿岸の燈火と相乱れて徹宵水の上にき動く有様銀座街頭の燈火よりに美麗である。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
すにゃらないから、有様にいってな、次第ったら、堺屋は、このままおにはせずに、ってもらうことにする」
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
罷出候はゞ、奇特御座候とも、余命無御座候。まして我等之者罷出、何之奇特も御座有間敷候得は、罷出無詮義と存候。当世は有様正直をて、用に立申儀にて無御座候。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あの手拭が頸にい就いてる有様巨細視て下さい。あの手拭は交叉して括っては無い。端からグルグル巻き付けた形になってます。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)