“有無”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うむ75.2%
あるなし8.6%
ありなし6.7%
ゆうむ4.8%
いうむ2.9%
ほど1.0%
アリナシ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただしだぞ、万一またも失策ッたばあいは、有無をいわせず頭を丸坊主にして、国元の寺へ左遷するぞと、先に言い渡してからを出せ
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒子の有無は別にどうでもよい事であるが、風呂屋の番頭さえ気のつかない事を、どうして新聞記者が知っていたのだろう。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
獲物の有無でおもしろ味にはないで、またこの空畚をぶらさげて、の中を釣棹を担いだ処も、工合のい感じがするのじゃがね。
悪獣篇 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
されば小説家たらんとするものはまづおのれが天分の有無のみならず、またその身の境遇をも併せねばならぬなり。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
私は両国橋の有無らず其の上下今猶渡場が残されてある如く隅田川其の他の川筋にいつまでも昔のまゝの渡船のあらん事をふのである。
水 附渡船 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
色気の有無が不可解である。ある種のうつくしいものは、神がんで人に与えない説がある。なるほどそういえば、一方円満柔和な婦人に、菩薩相というのがある。続いて尼僧顔がないでもあるまい。
灯明之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
にそむく そむかず 正し見て、罪の有無 うたがひはらせ
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)