小説作法しょうせつさくほう
一小説はいかにして作るものなるやどういふ風にして書ものなりやと問はるる人しばしばあり。これほど答へにくき問はなし。画の道ならば『芥子園画伝』をそのままに説きもいづべく油画ならばまづ写生の仕方光線の取方 …
作品に特徴的な語句
精緻せいち 華魁おいらん 関聯かんれん 天秤棒てんびんぼう 逗子ずし 経綸けいりん 禁物きんもつ 逍遥しょうよう 推敲すいこう 鴎外おうがい かか 好加減いいかげん 楷書かいしょ 弁疏べんそ 樗牛ちょぎゅう はじ 十八番じゅうはちばん 高足駄たかあしだ 天賦てんぷ 蛇蝎だかつ 江戸児えどっこ 世路せろ 我武者羅がむしゃら しち 山川さんせん 精進せいしん 一通ひととおり 黒人くろうと 私淑ししゅく 上乗じょうじょう 娼妓しょうぎ 内幕うちまく 古葛籠ふるつづら 夏目漱石なつめそうせき 言句ごんく 琢磨たくま こん 作法さくほう 解剖かいぼう 暁星ぎょうせい 紋切形もんきりがた 迎合げいごう 一事いちじ 定法ていほう いん 添刪てんさく 輟耕録てっこうろく 長羅宇ながラウ 院本いんぽん 気合きあい 不仕合ふしあわせ 柳里恭りゅうりきょう 辺幅へんぷく 後門こうもん 濶大かつだい 茶話さわ すなわ 伝奇でんき 地女じおんな 小手調こてしらべ 首引くびぴき 他山たさん 作出つくりだ 万巻ばんかん 佐野治郎左衛門さのじろざえもん 兼合かねあ 客観的かっかんてき 芥子園画伝かいしえんがでん 離騒りそう