小説作法しょうせつさくほう
一小説はいかにして作るものなるやどういふ風にして書ものなりやと問はるる人しばしばあり。これほど答へにくき問はなし。画の道ならば『芥子園画伝』をそのままに説きもいづべく油画ならばまづ写生の仕方光線の取方絵具の調合なんど鴎外西崖両先生が『洋画手 …
作品に特徴的な語句
しから かく ゆく まじわり 精進せいしん 不可ふか おもき まきの さが いづ 定法ていほう まず いだ あきらか すなわち さだま かたむき しん たっと 有無ゆうむ ならび かえりみ のう あらざ 作法さくほう こう かか すなわ かろん 紅葉こうよう おのれ 一人いちにん 一言いちごん 一通ひととおり しち 首引くびびき 世路せろ こと 云々しかじか 他山たさん いましめ かた 離騒りそう こん 茶話さわ 添刪てんさく ふたたび うれい きん つと じょう たと たち いにしえ のち とう もとい とう おおい かわず たっと 如何いかん がら じつ あやまり くだり のぞ よし 肝腎かんじん はじ つばさ 私淑ししゅく 黒人くろうと いし 研鑽けんさん 碌々ろくろく 禁物きんもつ ひい 竹刀しない 素人しろうと 精緻せいち 簡古かんこ 筆先ふでさき きわ とな 経綸けいりん