“基”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もと39.1%
もとい22.8%
もとづ21.8%
もとゐ7.4%
7.4%
ベース0.5%
キロ0.5%
モト0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
学校を卒業して二年目、父の死によって全く係累のなくなった三造が、その時残された若干の資産を爾後の生活の設計を立てた。
狼疾記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
平素その心を失はずば半生世路の辛苦は万巻の書を読破するにもまさりて真に深く人生に触れたる雄篇大作をなすともなりぬべし。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
それは無限の過程であるのである。物理学というものも、歴史的身体的なる我々の感官の無限なる行為的直観の過程にくのである。
デカルト哲学について (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)
以後多少の波瀾はあつたが、平安のこゝに定まり、史上に殆んど蝦夷の名を止めないところを見ても、その武功を想見することが出来る。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
入口鳥居に、就中えたに、はついりでありますが、雪難之碑んだ、一石碑えました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
球の高くるは外観美なれども攫まれやすし。走者は身軽にいでたち、敵の手の下をくぐりてに達すること必要なり。
ベースボール (新字新仮名) / 正岡子規(著)
ツルツルと一筋、つめたい汗の玉が背筋を走ったと思うと、私も眼の前の光景が、二三十も遠方の出来事のように思えて来た。
戦場 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
母ハ我ガナリ、胎ハ我ガ身命ノナリ。一命元ヨリ君家ニセド、君家未ダ兵馬ノ命ヲ発セズ、猶一日ノ無事アルヲヒ、即チ、ノ母ヲミ、御辺ノ義ヲク。罪大ナレド、非義ヲレ。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)