狼疾記ろうしつき
養其一指、而失其肩背、而不知也、則為狼疾人也。 ——孟子——スクリインの上では南洋土人の生活の実写がうつされていた。眼の細い・唇の厚い・鼻のつぶれた土人の女たちが、腰にちょっと布片を捲いただけで、乳房をぶらぶらさせながら、前に置いた皿のよう …
作品に特徴的な語句
飾窓ショウ・ウィンドウ どおり ゆき おの カラー にじ ことな むな かぎ はず おのれ うしろ 此方こっち 沿 おだ 細部ディテイル はずか 一廻ひとまわ 伝説いいつたえ すべ つと おれ 希臘ギリシヤ めぐ のち 明日あした 禿はげ から 突離つっぱな あな かげ 自惚うぬぼれ 讃辞ほめことば おどり 陰翳かげ うち 中毒あた 云々うんぬん 他人ひと 他処よそ 何処どこ 億劫おっくう 其処そこ 剥出むきだ つんざ 劈開へきかい 口惜くや 叮寧ていねい フィート 咄嗟とっさ わら わら くちばし ささや 四辺あたり あな 坩堝るつぼ もと おびただ はし 如何いか 孔竅あな 宿主やどぬし むか 年齢とし まわ かす 心棒しんぼう 忌々いまいま 悪気わるぎ おそ 愕然がくぜん 愚昧ぐまい 成人おとな 所以ゆえん ドア 抽斗ひきだし 拳大こぶしだい 故意わざ たお 暖簾のれん 曖昧あいまい さら 最中もなか 果敢はか