“匍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
93.2%
2.0%
1.4%
うづくま0.7%
はう0.7%
ばい0.7%
へたば0.7%
ハラバ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう云いながら、女は座敷の中央の四角な紫檀の机へ身を靠せかけて、白い両腕を二匹の生き物のように、だらりと卓上にわせた。
秘密 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
畳のうえに腹いになって、鼻の穴をほじりながら、気がなさそうに走り読みをしては放り出す。馬鹿でなければ、よほど鋭い頭の持主なのかもしれぬ。
顎十郎捕物帳:04 鎌いたち (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
壇の浦で有名な平家蟹などは八本ある足の中の四本を用いて、のごとき貝の空殻を背負い、他の四本でうている。
自然界の虚偽 (新字新仮名) / 丘浅次郎(著)
理髮店に歸ると、源助は黒い額に青筋立てて、長火鉢の彼方に怒鳴つてゐた。其前には十七許りの職人が平蜘蛛の如くつてゐる。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
また凡て羽翼ありてところの者は汝らにはたる者なり汝らこれをうべからず。
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
ヴァランタンは四つんになって、おそろしく細密な職業的な注意を払って、死体の附近二十四方のや地面をべた。博士も下手ながら英大使もうろうろしながら手伝った。
其前には十七許りの職人が平蜘蛛の如くつてゐる。此間から見えなかつた斬髪機が一挺、此職人が何処かに隠し込んで置いたのを見付かつたとかで。お定は二階の風呂敷包が気になつた。
天鵞絨 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
山背川の川原にあつた御殿のことゝて、水層が増して来た。ひながらお庭に平伏してゐる時、水は段々川を氾えて其腰のあたりにとゞいた。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)