“紫檀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
したん98.9%
しだん1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夏目先生はペン皿の代りに煎茶茶箕を使つてゐられた。僕は早速その智慧を学んで、僕の家に伝はつた紫檀の茶箕をペン皿にした。
身のまはり (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
寒い時分で、私は仕事机の紫檀長火鉢を置いていたが、彼女はその向側行儀よく坐って、両手の指を火鉢のへかけている。
陰獣 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
窓際紫檀んでし、おでぼんやり煙草をふかしてゐると、型通瓜子んでくる。一人丸顏一人瓜實顏口紅く、耳環翡翠い。
麻雀を語る (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)