“夏目”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なつめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“夏目”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
別に大して不思議にも思われないようでしたが、恰度そばに居合わせた私の同僚なかま夏目なつめってのが、どんな女だって
あやつり裁判 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
われは又子規居士しきこじ短尺たんじやくの如き、夏目なつめ先生の書の如き、近人の作品も蔵せざるにあらず。
わが家の古玩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)