“煎茶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんちゃ84.4%
せんちや15.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、で、色白な娘が運んだ、煎茶煙草盆を袖に控えて、さまでむともない、その、伊達に持った煙草入を手にした時、——
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
茶の進化は概略三大時期に分けられる、煎茶抹茶および掩茶すなわちこれである。われわれ現代人はその最後の流派に属している。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
夏目先生はペン皿の代りに煎茶茶箕を使つてゐられた。僕は早速その智慧を学んで、僕の家に伝はつた紫檀の茶箕をペン皿にした。
身のまはり (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
若い丁稚が、店使ひにしては贅澤過ぎる赤繪茶碗に、これも店使ひらしくない煎茶をくんで、そつとお靜の傍にすゝめました。