茶の本ちゃのほん04 茶の本04 ちゃのほん
第一章人情の碗 茶は日常生活の俗事の中に美を崇拝する一種の審美的宗教すなわち茶道の域に達す——茶道は社会の上下を通じて広まる——新旧両世界の誤解——西洋における茶の崇拝——欧州の古い文献に現われた茶の …
作品に特徴的な語句
嫌疑けんぎ 従容しょうよう 石燈籠いしどうろう 足利あしかが 伊勢いせ かも 混沌こんとん 蜜蜂みつばち 混淆こんこう 香華こうげ 冥土めいど 秘訣ひけつ 些事さじ 叡山えいざん 丹精たんせい 相容あいい 清楚せいそ 渺茫びょうぼう 煎茶せんちゃ 広東カントン 余燼よじん 経文きょうもん 花卉かき 伝播でんぱ 光琳こうりん 狩野かのう 畏敬いけい 瞥見べっけん 因業いんごう 比喩ひゆ 涵養かんよう かつら あした 天蓋てんがい 波濤はとう 太閤たいこう 涅槃ねはん 灼熱しゃくねつ 下賤げせん 崩壊ほうかい 舎利しゃり 茶筅ちゃせん 広漠こうばく 東雲しののめ 遺骸いがい 嬉々きき 大釜おおがま 訣別けつべつ 鞏固きょうこ 亡者もうじゃ 斬新ざんしん 乙女おとめ 冥想めいそう 瓦屋根かわらやね 松籟しょうらい げん 刀架とうか 孔子こうし 嵐山あらしやま 骨董品こっとうひん 果物くだもの 泡沫ほうまつ 茶釜ちゃがま 露地ろじ 低徊ていかい 植木鉢うえきばち 禽獣きんじゅう 茅屋ぼうおく 梵語ぼんご 御門みかど らん 萌芽ほうが 天涯てんがい 瓦礫がれき 饗宴きょうえん 蒙古もうこ 老子ろうし 金堂こんどう 鉢植はちう 俚諺りげん 無明むみょう 峡谷きょうこく 仏陀ぶっだ 六朝りくちょう 郭公かっこう 卑怯者ひきょうもの 精進しょうじん 手折たお りゅう 尚武しょうぶ 御祈祷ごきとう 閨房けいぼう 伎倆ぎりょう 爽快そうかい ばん 待合まちあい 光悦こうえつ 塗師ぬし こう
題名が同じ作品
茶の本:01 はしがき (新字新仮名)岡倉由三郎 (著)
茶の本:02 訳者のことば (新字新仮名)村岡博 (著)
茶の本:03 改版に際して (新字新仮名)村岡博 (著)