茶の本ちゃのほん04 茶の本04 ちゃのほん
第一章人情の碗 茶は日常生活の俗事の中に美を崇拝する一種の審美的宗教すなわち茶道の域に達す——茶道は社会の上下を通じて広まる——新旧両世界の誤解——西洋における茶の崇拝——欧州の古い文献に現われた茶の記録——物と心の争いについての道教徒の話 …
作品に特徴的な語句
じょう せい みん ゆう 沙翁しゃおう むね こう やしな 明朝みんちょう ぎょ きつ あやう こおり 煉薬れんやく みょう ばん りょう つの かご ブラーマン かえ 劫掠こうりゃく かわき また 御門みかど 三世みよ 元朝げんちょう えつ あわ うさぎ 荘子そうじ 両腋りょうえき 刀架とうか うれ 武士もののふ 抹茶ひきちゃ いにしえ こん せき とう あざな とん 嬰児えいじ 嘲笑ちょうしょう 紹安じょうあん たっと 天人てんじん たえ 葉茶はぢゃ 琥珀こはく 花鋏はなばさみ 花瓶かびん 花梗かこう 花卉かき 煎茶せんちゃ 舎利しゃり うす ひじ 腕木うでぎ 胡人こじん きも 煩悩ぼんのう 燈籠とうろう 肌骨きこつ 聡明そうめい 聖餐せいさん 聖武しょうむ 老聃ろうたん 燦然さんぜん 老子ろうし 義経よしつね 罵倒ばとう 爽快そうかい 相容あいい 禽獣きんじゅう わざわい 禅那ぜんな 祝融しゅくゆう 玄宗げんそう わん 瞥見べっけん 珠光しゅこう 真摯しんし 相撲すもう 生涯しょうがい
題名が同じ作品
茶の本:01 はしがき (新字新仮名)岡倉由三郎 (著)
茶の本:02 訳者のことば (新字新仮名)村岡博 (著)
茶の本:03 改版に際して (新字新仮名)村岡博 (著)