“這”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
83.1%
8.6%
2.4%
ばい1.3%
1.3%
はい1.1%
しゃ0.4%
ばひ0.4%
0.4%
0.3%
はひ0.3%
0.1%
この0.1%
しゃつ0.1%
はう0.1%
べえ0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初冬の夕陽がい寄る縁側、今までガラッ八の八五郎を相手に、将棋の詰手を考えている——といった、泰平無事な日だったのです。
「おい、あれは、やっぱりほんとうの虎かもしれないぜ。人間が四つんいになって、いったい、あんなに早く走れるものだろうか」
人間豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
りますとも、一、品川くでは有名權現臺といふります。其所なんぞは大變です、んな破片んでります
宵子はまた足元の危ない歩きつきをして、松本の書斎の入口まで来て、四つになった。彼女が父に礼をするときには必ず四つ這になるのが例であった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
カリエスは、大した事がなく、注射で、癒るらしいが、肺と、神経痛は、頑強で、私は時々、倶楽部の三階の自分の部屋へ、うて上る事がある。
死までを語る (新字新仮名) / 直木三十五(著)
殆ど気を失った夫人の身体を大樹の蔭の草の上に寝かせて置いて、堤に引返すと、彼は川の所までおりて、汚い水をすくって飲んだ。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
猛然として文角が、立閉がりつつ角を振りたて、寄らば突かんと身構たり。「さては加勢の者ありや。ものものし金眸が、死物狂ひの本事を見せん」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
四ツになつて雑巾掛をする時、井戸端で盥を前にして蹲踞む時、また重い物の上下しに上気したやうに頬を赤くする顔色などを見る時
人妻 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)
いつか、杖も柄香炉も、手になかった。生命一つを大事に、よろい歩くのが、やっとであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こんなに、寝床の上をひずり廻つてゐるのが、だれにも訣らぬのか。こんなに、手足をばた/″\やつてゐるおれの、見える奴が居ぬのか。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
一人ひろゝよりり(ひろゝは山にある艸の名也、みのに作れば稿よりかろし、猟師常にこれを用ふ)穴にそろ/\と入り
手前らがそれをして貰えたくって己んとこへ膝をついてえつくばってやって来たんだ、——膝をついてな、やって来たんじゃねえか。
門人かか見え候故、しばらく話し申候。寝てゐる程の事にもあらず候。学問もあり画もよく候。逢不申残念に御坐候。私気色は春よりいろ/\あしく候。然ども浪食もとのごとくに候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
伏勢ござんなれ」ト、身構へしつつと見れば、いとなる黒猿の、蘇枋髣髴たるが、酒に酔ひたる人間の如く、倰僜きよろめき彼方に行きて、太き松の幹にすがりつ
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
蹴飛すやら打つれつは四邊も上を下へとしけり斯るを見濟して捕手の役人聲々に上意々々と踏込にぞ惡者共は是を聞コリヤらぬと一目驂を幸ひ々に後を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ポンと寅を川ん中へり込んだ時にゃア、あフーッてって這ッちまった、あの永代橋に這って向うまで渡って、箱崎の爺さんの屋台店へ飛び込んで