一寸法師いっすんぼうし
私は探偵小説を書くのですが、探偵小説といっても、現在では色々の傾向に分れていて、昔の探偵小説という感じからは非常に遠いものもあるのです。私が書きますものは、それは完結して見なければ分らないのですが、恐らく本格探偵小説といわれているものには当 …
作品に特徴的な語句
うつろ ようやく いき しょう 饒舌にょうぜつ おとし しょう うわ うめ はい いちじ おそら くわ しっ 出入ではいり づれ まぬが にが 御寝おやす ひそか しも 昨日ゆうべ ただ つろ なつか あわた 悪戯あくぎ おい いり かい 階段はしごだん くら とど つつみ 一条いちじょう しめ いっ じま 一品いっぴん がた こら うつ あが ふり ほこり おり なげ ぜん 小暗こぐら にく 夜更よふか かえっ ない おろか くわだ かわ わし しゃ 椅子イス きたな くう つっ 御暇おひま くつ 平常へいぜい きわ やっこ せん こまか もし わき のろ みだら りき 警笛サイレン 気振けぶ 罰俸ばつぼう うなず 小刻こきざ そと 在家ありか ばか つつみ たず おさ 嘲笑ちょうしょう かど ごえ とい 蒸汽じょうき 喜悦きえつ
題名が同じ作品
一寸法師 (新字新仮名)楠山正雄 (著)