一寸法師いっすんぼうし
私は探偵小説を書くのですが、探偵小説といっても、現在では色々の傾向に分れていて、昔の探偵小説という感じからは非常に遠いものもあるのです。私が書きますものは、それは完結して見なければ分らないのですが、恐 …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 紫檀したん 足駄あしだ 有頂天うちょうてん 凄味すごみ 羽目はめ 石燈籠いしどうろう 雇人やといにん 堪能たんのう 人足ひとあし 飛白かすり 庫裏くり もも 度毎たびごと 吾妻橋あづまばし 本郷ほんごう 訊問じんもん 失踪しっそう 生娘きむすめ 藍色あいいろ 軽業かるわざ 友禅ゆうぜん 僧形そうぎょう 幸先さいさき 石膏せっこう 喘息ぜんそく 従妹いとこ 秘訣ひけつ 未曾有みぞう 硯箱すずりばこ 絨毯じゅうたん 気振けぶ 猿臂えんぴ 隅田川すみだがわ 向島むこうじま 窮屈きゅうくつ 内々ないない 小暗こぐら 愚図愚図ぐずぐず 左程さほど 悔悟かいご 荒唐無稽こうとうむけい 透通すきとお 浅草あさくさ 骨董屋こっとうや 畏敬いけい 屈竟くっきょう 存外ぞんがい 申訳もうしわけ 比喩ひゆ 駈落かけおち はこ 為人ひととなり 途切とぎ 湯屋ゆや 後姿うしろすがた つと 持前もちまえ 木賃宿きちんやど 蹴散けち 起臥おきふし 仕草しぐさ 鉋屑かんなくず 路地ろじ 有之これあり 屈強くっきょう 生毛うぶげ 継子ままこ 都々逸どどいつ もち 真青まっさお 起上たちあが 一張羅いっちょうら 筆蹟ひっせき 越度おちど 嬌態しな 不断ふだん 何等なんら 註文ちゅうもん 手短てみじか 夕暗ゆうやみ 広小路ひろこうじ 不恰好ぶかっこう 寐入ねい 三囲みめぐり 刺殺さしころ 横合よこあい 渦中かちゅう 喜悦きえつ 希代きだい 四辻よつつじ 往生おうじょう 幾分いくぶん 現場げんじょう 手懸てがか 退引のっぴき 朴歯ほおば 人通ひとどおり 半鐘はんしょう 小刻こきざ
題名が同じ作品
一寸法師 (新字新仮名)楠山正雄 (著)