“椅子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いす98.1%
ベンチ0.8%
イス0.5%
こしかけ0.3%
パン0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取り付きの角の室を硝子窓から覗くと、薄暗い中に卓子のまわりへ椅子が逆にして引掛けてあり、もかなりっている様子である。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
この一個月ばかり千代子はなぜあんなに欝いでいるだろう、汽車を待つ間の椅子にも項垂れて深き想いに沈んでいる。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
椅子のクッションから出た手紙によって北島春雄を疑えば疑い得る外には、ヘヤーピンにしろ、石膏像にしろ、ショールにしろ、手提にしろ、フェルト草履にしろ
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
が、彼の苛立たしさは彼にエホバの「殿に入りてその中にをる売買する者を殿より逐出し、兌銀者鴿売者椅子
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
川岸椅子に坐って、しばらくは言葉もなく差し控えていると、その前を、氷斧をかかえた三人連れの登山者が、談笑しながら登山鉄道の乗り場の方へ歩いて行った。