“鴿”の読み方と例文
読み方割合
はと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鴿の面をもてる者に蛇の心あり、美はしき果実に怖ろしき毒を含めることあり、洞にけば※蛇し、林に入れば猛獣遊ぶ。
哀詞序 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
が、彼の苛立たしさは彼にエホバの「殿に入りてその中にをる売買する者を殿より逐出し、兌銀者鴿売者椅子
西方の人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
四大盤といって東坡肉やら海参やら鴿のようなものを盛ったのが四色、四点心といってこれは魚鳥や豚の肉と野菜とを固めたような料理が四色
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)