“鷸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鸅鸅おすめどり、大鷹、つる鸚鵡おうむたぐいしぎおよび蝙蝠こうもり
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)
わが若鷲は琴柱尾ことぢをや胸にあやなすしぎ
藤村詩抄:島崎藤村自選 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)