“鷸”の読み方と例文
読み方割合
しぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のように長い鼻とがくっついているさまは、まるで風見のが、彼の細い首のうえにとまって、風の吹く方向を告げているようだった。
むもの、野にむもの、は四十八と称しとかや、僕のも豈夫調あり、御坐います調あり、愚痴ありのろけあり花ならば色々ならば様々
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
但し是等はうべからず即ち黄鷹、黒鷹の各種鴕鳥雀鷹、白鳥、鸅鸆、大鷹、鸚鵡および蝙蝠
正義と微笑 (新字新仮名) / 太宰治(著)