“鸞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らん80.0%
うそ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、口をむすんだ地福寺じふくじの慈音、それをはずしたとたんに黒いらんったかのごとく、とうをふりかざして才蔵の手もとへおどった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほうくだらんわか
愛卿伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ここへらんに乗って仮に世へ降りてきたような一仙人と、江湖せけんの俗から拝まれている羅真人は、いま、松鶴軒しょうかくけん椅子いすって、ふと瞑想めいそうからめていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つばさったらんのように、飛びしさった龍耳りゅうじ老人の手には、黒檀柄こくたんえ銀鋲ぎんびょうを打ったスペイン型の短銃たんじゅう! 真綿まわたのようなけむりをいて持たれている……。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あゐ萌黄もえぎくれなゐの、おぼろ蝋燭らふそくみだれたのは、ひわ山雀やまがらうそ
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)