“鷂”の読み方と例文
読み方割合
たか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
西村某と云ふ鷹匠あり。を捕らんとて知頭蘆沢山の奥に入り、小屋を掛けて一人住みけり。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)