“鸚哥”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いんこ93.8%
インコ6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あら、また水がない! 誰です! 私がいつもいつもやかましくいっているのに、また鸚哥餌水が切れてるじゃないの」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
で、檀那寺に頼んで、新しく戒名を附けて貰ふ事にした。お寺の坊さんはけばけばしい色の法衣を引掛けて、鸚哥のやうな風をしてやつて来た。