“鸚鵡洲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうむしゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鸚鵡洲”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あのとう崔顥さいこうの詩に「晴川歴歴せいせんれきれき漢陽樹かんようじゅ 芳草萋萋ほうそうせいせい鸚鵡洲おうむしゅう」と歌われたことのある風景ですよ。
或恋愛小説 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
僕——鸚鵡洲おうむしゅうは?
雑信一束 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)