“鶩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あひる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鶩”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > 戯曲50.0%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]6.9%
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
その跡へ一同続いて、丁度村の子供の跡に付いて、あひるが行列をして行くやうに、一人一人跡先に並んで行くのですね。
井戸端に遊んでいたあひるが四羽ばかり口嘴くちばしそろえて、私の方へ「ぐわアぐわア」と鳴いて来ました。
旧主人 (新字新仮名) epub / 島崎藤村(著)