“鶩”の読み方と例文
読み方割合
あひる100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
次の日は仲秋節。——史家の小作や奉公人は、昼から莚席の支度に忙しかった。羊をや鶏をつぶすこと、何十羽かわからない。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一体浪花節語りは、首をめられたのやうに、一生に一度出せばよい声を、ざらに絞り出すので誰でもが病的になつてしまふ。
高取は一年間の勤めを了えて、二年兵になったその日に、歩哨に立っている場所を離れてを追っかけまわした。そして軍法会議にまわされた。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)