“鷹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たか97.3%
おう0.5%
くぢ0.5%
むら0.5%
よう0.5%
ヨー0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただいずこともなく誇れる眉宇の間に動き、一搏して南の空遠く飛ばんとするかれが離別の詞を人々は耳そばだててけど
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
さればと謂ツて、ナンセンスといふ方では無い。相に苦勞もあれば、また女性のれぬ苦勞性のもある。無垢か何うか、其れは假りに問として置くとして、左程濁つた女で無いのは確だ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
根本は餌取と云ふべきか。餌と云ふはを云ふなるべし。其れを取る物を云ふなり。ヱトリを早く云ひて、云ひゆがめてヱタと云へり。ヱトリを略せるなり。
一番はじめのおさん(父の妹)は、ヴァイオリンをやったりして一番風情のこまやかな人でしたが、二人の子をおいて死に、二度目のお菊さんは六人ほど子をおいて死に、三人目のひとは
一番初めの妻が、父の妹の子という人でした。