“鷹”の読み方と用例
読み方(ふりがな)割合
たか96.6%
おう0.7%
くぢ0.7%
むら0.7%
よう0.7%
(その他)0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鷹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.6%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
神変夢想流のたか使い――鷹の翼を撃つがごとく、左右を一気に払って間髪かんぱつを入れない栄三郎、もはや今は近よる者もないと見て、
〔出典〕丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻(新字新仮名)/林不忘(著)
味方は八機、敵は十二機、じっとにらみあった。二秒、三秒、かッと一しょに火を吹いた。機銃のうちあいだ。たかはやぶさのうちあいだ。
〔出典〕昭和遊撃隊(新字新仮名)/平田晋策(著)
おうに苦勞もあれば、また女性のまぬがれぬ苦勞性のとこもある。
〔出典〕平民の娘(旧字旧仮名)/三島霜川(著)
いすくはし一〇 くぢさや一一
〔出典〕古事記:02 校註 古事記(その他)/太安万侶稗田阿礼(著)
餌と云ふはしゝむらを云ふなるべし。
妻君運がわるくて、一番はじめのおようさん(父の妹)は、ヴァイオリンをやったりして一番風情のこまやかな人でしたが、二人の子をおいて死に、二度目のお菊さんは六人ほど子をおいて死に
一番初めの妻が、父の妹のヨー子という人でした。