“鷹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
たか96.9%
おう0.6%
くぢ0.6%
むら0.6%
よう0.6%
ヨー0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鷹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)2.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
けれども楢夫はその丘の自分たちの頭の上からまっすぐに向ふへかけおりて行く一ぴきたかを見たとき高く叫びました。
ひかりの素足 (新字旧仮名) epub / 宮沢賢治(著)
たかへる小鳥の如く身動みうごき得為えせで押付けられたる貫一を、風早はさすがに憫然あはれと見遣りて、
金色夜叉 (新字旧仮名) epub / 尾崎紅葉(著)
おうに苦勞もあれば、また女性のまぬがれぬ苦勞性のとこもある。
平民の娘 (旧字旧仮名) epub / 三島霜川(著)
いすくはし一〇 くぢさや一一
餌と云ふはしゝむらを云ふなるべし。
妻君運がわるくて、一番はじめのおようさん(父の妹)は、ヴァイオリンをやったりして一番風情のこまやかな人でしたが、二人の子をおいて死に、二度目のお菊さんは六人ほど子をおいて死に、三人目のひとは、名も覚えて居りませんが亡くなり、今四人目の妻君です。
一番初めの妻が、父の妹のヨー子という人でした。