おとずれ
五月二日付の一通、同十日付一通、同二十五日付の一通、以上三通にてわれすでに厭き足りぬと思いたもうや。もはやかかる手紙願わくは送りたまわざれとの御意、確かに承りぬ。されど今は貴嬢がわれにかく願いたもう時は過ぎ去りてわれ貴嬢に願うの時となりしを …
作品に特徴的な語句
童子ボーイ いらえ おち 永久とこしなえ むご 事情こころ 煙草シガー 水瓶びん 被布カバー こう つちくれ 理由ことわり つぶ うしろ ごん 弁解いいひらき そむ 調ちょう 寿ことぶ 兄弟はらから 蒼白あおしろ こころ 弁解いいひら 消息おとずれ こうべ 真闇まくら おも 永久とこしえ こお つれ とど 陸地くがじ うる かかわ 自己みずから 姉妹はらから 真蒼まさお いや そうら くが はずか 卑下いやしみ 周囲あたり たなごころ 親族みうち さかん はず とお 彼女かれ 大笑たいしょう あめ 貴嬢きみ さち ことわり 痕跡あと 白雲はくうん 漢子おとこ まなこ 泡立あわた 端々はしはし ひつぎ 木立こだ あが 数々かずかず すい なつ おぼ あわれ ちまた かど おん のち 弾力ばね たび こいねが かな たま 問屋といや 唐突とうとつ あるじ 重々おもおも 品性ひとがら 霧雨きりあめ かす 亡友なきとも 光影ひかげ つと