“街”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まち77.9%
ちまた11.9%
がい4.4%
ストリート1.3%
ガーデ0.4%
ガアド0.4%
とほ0.4%
とほり0.4%
アヴェニウ0.4%
カツ0.4%
ガタン0.4%
シアリ0.4%
シュトラッセ0.4%
ロウド0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、あたりはかであって、ただ、がる荷車のわだちのが、のようにれてこえてくるばかりであります。
花と人の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こはかれが家の庭を流れてかのを貫くものとは異なり、遠き大川より引きし水道のゆえ、幅は三尺に足らねど深ければ水層多く
わかれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ぼくのそのころ、チェジルストウの家をひきはらって、ロンドンのポートランドにもどっていた。部屋をかりてすんでいたんだ。
一回だけ見たのでもそれはステートと機関車のを洗いおとすに足りる。わたしはそれを「神のしずく」と名づけようと提議する。
バーゲルスの時計店ナアゲルで、伯爵夫人イェルヴァが、自分で身分柄にも似ず、縦十幅八くらいの真鍮の安物の歌い時計を買った。
グリュックスブルグ王室異聞 (新字新仮名) / 橘外男(著)
ヘルゴランズをちょっと這入った横町に、古道具店——とより屑屋といったほうが適確なレクトル・エケクランツの家がある。
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
ネフスキイりを微行で歩く。今上陛下がお通りになつた。ぢゆうの者が帽子を脱つたのでおれも同じやうにしたけれど、おれが西班牙の王樣だといふことは氣振りにも見せなかつた。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
行き行きて車はこの小路の尽頭を北に折れ、広きでしを、に走りて又西にり、その南側の半程箕輪したる軒燈を掲げて、剡竹を飾れる門構の内に挽入れたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
聞いています。お役に立つか、何うか、とにかくおはなししましょう。この聖マテオのハイランドに、私の妻の妹が住んでいます。それが、四、五日前遊びに来て言いますには——
土から手が (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
語尾にとついているのが瑞典語、おなじく何なにとあるのが、芬蘭土語で、地図も看板もそのとおりだから、旅行者はすくなからず魔誤々々してしまう。
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
語尾にとついているのが瑞典語、おなじく何なにとあるのが、芬蘭土語で、地図も看板もそのとおりだから、旅行者はすくなからず魔誤々々してしまう。
踊る地平線:05 白夜幻想曲 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
がら・がら・がら・がら——焼けた敷石に車輪を鳴らして、僕らはいま、あらびっくで何々—— Sharieh ——と呼ばれる大通りを走らせている。
ベルリン市ケニゲルグラッツェル七〇番。
戦雲を駆る女怪 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
カマアシャルあたりの店員か下級事務員どころと踏んだ。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)