戦雲を駆る女怪せんうんをかるじょかい
露独連絡の国際列車は、ポーランドの原野を突っ切って、一路ベルリンを指して急ぎつつある。 一九一一年の初夏のことで、ロシアの国境を後にあの辺へさしかかると、車窓の両側に広大な緑色の絨毯が展開される。風は草木の香を吹き込んで快い。一等の車室を借 …
作品に特徴的な語句
けだる けだ シュトラッセ 卓子いす そう 流行ファッション ふり 蒸気ステイム 車室ワゴンリ 模様パタアン かたわ 退しりぞ こうむ ふつ こう 革帯ベルト 退さが サン 文化クルツウル じょう そこ もと どく 拍子びょうし あず つう つい 宮廷コウト 上気じょうき 西せい 画餅がへい 燈影とうえい 饒舌じょうぜつ かたわら たず 火酒ウォッカ しん 革帯かわおび 静寂せいじゃく いたわ ひそ 捕虜ほりょ 着更きが 双面ダブル 召還しょうかん ろう 闇黒やみ 私語ささやき 稀代きだい 穿うが 商船マリン 嘘言きょげん よう しら 贔屓びいき 退 暴風しけ 腹帯ベルト 羽扇おおぎ 寝台ベッド 綺麗きれい かぶ 衣摺きぬず 行方ゆくえ 融通ゆうずう 蛾虫さなぎ へび ふた 葡萄ぶどう 落度おちど 華奢きゃしゃ えい 芋蔓いもづる 良人おっと 船艙せんそう 舷側げんそく きょう 至情しじょう 相識しりあい 白眼にら しわ 盲人めくら 盲目めくら 眼配めくば