“英”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えい47.4%
はなぶさ21.1%
ひで15.8%
ふさ5.3%
イギリス5.3%
エイ2.6%
すぐ2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「じゃ、つれていってやらないよ。」と、ちゃんは、いいました。ちゃんは、してしまいました。そのとき、おさんが
小さな弟、良ちゃん (新字新仮名) / 小川未明(著)
前述、野尻抱影氏からのお手紙の端にも「——小生は町の生れで、本名は正、小学校は初め太田小学校でした。おテイちゃんとは同窓です」
「知らなかった? ちゃんのお兄さんですよ。ほら、小田原にいらっしゃる、あんたのお兄さんのこと、いつか聞いたでしょう」
ちょうど泊り合せていた妹の子、山岡鉄舟、下僕や門人など七、八名して、闇夜ではないが町方などへののため、提灯を打振りながら
剣の四君子:04 高橋泥舟 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(山を背後にして海に臨めば広々として、月の光と潮ざいの音が旅宿に入ってくる。はるかな波間に星影がちらちらと光り、灯台の光のなかにの船がうかぶ。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
伊等各國上等船客れも美々しき服裝して着席せる其中つて、はしき春枝夫人可憐日出雄少年との姿えた。
二氣の正しきに乘り、五行のへ、しき理をけてめ、れたるを敷きて國を弘めたまひき。