“俗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぞく84.2%
10.5%
ひと2.6%
バナル2.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔評〕死を決するは、の長ずる所なり。公義を説くは、土のなり。維新の初め、一公卿あり、南洲の所に往いて復古の事を説く。
に言伝える。天狗狗賓む、巨樹、大木は、その幹の、枝の交叉一所を伸べ、床を磨いたごとく、清く滑かである。
二氣の正しきに乘り、五行のへ、しき理をけてめ、れたるを敷きて國を弘めたまひき。
その數ヶ月の間に私は何をしてゐたか? 私はな小説を二つばかり書いた。
続プルウスト雑記 (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)