“棲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
89.1%
とま3.1%
すま2.2%
すみか1.2%
0.9%
0.9%
0.6%
つま0.6%
すみ0.3%
ずま0.3%
とや0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いえば、われわれがんでいる地球は今、われら人類だけによって支配されているが、それが近頃他から脅威をうけんとしているのだ
宇宙尖兵 (新字新仮名) / 海野十三(著)
屋敷の左手に大きな山毛欅の木が幾株かある。四時頃になると、もの淋しい鴉の群はそこへ来てり、かしましく啼きたてる。
初雪 (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
遥々我を頼みて来し、その心さえ浅からぬに、蝦夷、松前はともかくも、箱根以東にその様なる怪物せ置きては、我が職務の恥辱なり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
森の梢にを造っている小鳥は、夢を驚かされて、雌鳥は雛鳥をわって巣の上にしがみ付いた。雄鳥は、慌しく巣の周囲を飛び廻って叫び立てた。
薔薇と巫女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そのついでに友人の来書一切めた柳行李を取出しその中から彩牋堂主人の書柬み分けて見た。雨の夜のひとりみこんな事でもするよりに用はない。
雨瀟瀟 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
大和の内も、都に遠い広瀬・葛城あたりには、人居などは、ほんの忘れ残りのやうに、山陰などにあるだけで、あとは曠野。それに——、本村を遠く離れた、時はづれの、人まぬ田居ばかりである。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ってしまうと、靴屋んでき、家根まって、いました。
で、つたつのから、萌黄とがけて、ツにはら/\とれながら、しつとりとつて、れし姿。……
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
すうちゃん、このカフェはわれているんだよ、君も早くほかへかえを
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
が、一日に二度や三度は必ず通らなければ、宗右衛門のこの寺ひの自由は絶対に取り上げられてしまふのであつた。
老主の一時期 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
折から撃ッて来た拍子木は二時である。本見世補見世の鳥がおのおのに帰るので、一時に上草履の音がき始めた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
いざ吾君つみに 蒜つみに 我が行く道に、香ぐはし花橘。下枝らは人みな取り、秀枝は鳥枯し みつぐりの 中つ枝の 含隠り れる処女。いざ。さかはえな(応神天皇——日本紀)
叙景詩の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)