“孤棲”の読み方と例文
読み方割合
こせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しそこに越えることの出来ない溝渠があるというならば、私はろ社会生活を破壊して、かの孤棲生活を営む獅子禿鷹の習性に依ろう。
惜みなく愛は奪う (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「それから?……獏は性にして、深林に孤棲し、夜間出でて草木の芽などを食す。いやまだ食うものがある。人間が夜見る夢を食うことを忘れちゃいけない。産地は馬来地方……」
獏鸚 (新字新仮名) / 海野十三(著)
山林孤棲と人のいふ
智恵子抄 (新字旧仮名) / 高村光太郎(著)