“禿鷹”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はげたか93.3%
ヴァルチュア6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“禿鷹”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 動物学 > 鳥類66.7%
文学 > フランス文学 > 小説 物語15.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
そこで禿鷹はげたかは、ある高い山の上に飛び上がって、そのいただきの岩の影から、四方をくまなくうかがい始めました。
コーカサスの禿鷹 (新字新仮名) epub / 豊島与志雄(著)
そこで禿鷹はげたかはなお迷いました。そして方々の山へ行ってはたずねましたが、どの山もみな国中で一番高いのは俺だというのです。
コーカサスの禿鷹 (新字新仮名) epub / 豊島与志雄(著)
インドの禿鷹ヴァルチュアについて研究した人の結果によると、この鳥が上空を滑翔するのは、晴天の日地面がようやく熱せられて上昇渦流じょうしょうかりゅうの始まる時刻から、午後その気流がやむころまでの間だということである。
とんびと油揚 (新字新仮名) epub / 寺田寅彦(著)